代表取締役 伊東利一

社長挨拶

代表取締役 伊東利一

 平素は格別のご愛顧を賜り、有難く厚く御礼申し上げます。

 21世紀を迎え日本の産業構造は大きな変革が求められ、グローバルな国際社会に生き残るため、更なる技術革新の創出が叫ばれて居ります。こうした産業社会のニーズは、多様化、高品質化の一途をたどり、バルブ業界も新たな時代を迎えました。

 株式会社大和バルブは創業80余年の実績を生かし、顧客第一主義に努め、従来の既成概念にとらわれず、柔軟な姿勢で消費者の皆様のさまざまなご要望にお応えしていきたいと考えております。

 近年の目覚しい情報化社会は製品の価値観を変え、市場のニーズは豊かさと高度な技術が求められています。

 この新しい時代に弊社は、社員一人一人が産業人としての自覚を堅持し顧客指向による新技術・新製品の開発、原価意識の向上ならびに新市場の開拓を経営方針とし、社会に貢献できる創造豊かなメーカーに邁進する所存でございます。

 尚一層のご支援ご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。